| HOME | 議会通信 直進レポート 第22号 |

更新日 2018-04-07 | 作成日 2008-01-22

太田英二 Official Website

福岡市議会議員 福岡市民クラブ 太田英二の進む道

議会通信 直進レポート 第22号 2013年 新春号

新年あけましておめでとうございます。旧年中も皆様の福岡市政と私、太田英二にお力添えいただいたことに心より感謝申し上げます。昨年は年末に国において政権が変わり、民主党としては残念な結果となりましたが、国民の皆様の判断により決められた選択。私たち市議会議員も皆様の意向を十分に自覚し、市政に努めてまいります。本年もご指導のほどよろしくお願いいたします。

福岡市議会議員ota_fude_name.gif

福岡市は今後4年間に851億円の財源不足が見込まれるため、事務事業から101項目の見直しを進めていく方針です。厳しい財政状態の中で「事業の選択と集中」を進めることは重要ですが、「公の役割とはなにか」位置づけを明確にした上で、事業の見直しは行うべきと考えています。

検討項目の主な事業は以下の通りです。
○ 特別支援学校のスクールバス運行経費
○ PTA協議会への補助金
○ 私立小中学校補助金
○ 市社会福祉協議会運営費・事業費の補助金
○ がん検診
○ 図書館
○ 油山と背振の市営牧場の運営など101項目

平成24年 第5回定例会 録画映像
12月17日(月)

太田英二_20121217_一般質問.jpg

市庁舎西側広場とオープントップバスの国の交付金について

〈質問〉
市庁舎西側広場の整備及びオープントップバスの導入について、当初予算では歳入・歳出はどのようになっていたか尋ねる。

〈答〉

  • 西側広場整備の当初予算額は、事業費1億9,446万5千円。
  • 財源は、社会資本整備総合交付金7,778万6千円、市債1億500万円、一般財源1,167万9千円。

〈答〉

  • オープントップバスについては、平成23年度当初予算で、歳出は車両導入の補助金として、1億4,800万円、歳入は国の交付金として3,680万円を見込んでいた。

〈質問〉
事業の実施段階において、国の交付金が予算どおり見込めなくなったとの報道であるが、なぜそのようになったのか、経緯の説明を求める。

〈答〉

  • 国の交付金が予算額を下回ることとなった理由は、事業内容を見直し、事業費を約3千万円以上縮減したこと、及び広場の一部を民間事業者に貸し付け、貸付料を微収する運営手法を選択したことによるものである。
  • その結果、国の交付金は約2千万円の見込みである。

〈答〉

  • 事業手法について既存ルートとオープントップバスとの連携がより高まり、回遊性が向上すること、またバス事業者が運行路線申請や運行準備をすることで、より準備がスムーズにいくことなどから、効果を高め、さらにスピードを高めることができると判断して、現在の民間企業に補助する手法に決めたため、結果として交付金の活用を断念したものである。

〈質問〉
西側広場については、どのような事業見直しを行い、市の負担額はどうなったのか、尋ねる。

〈答〉

  • 広場整備の見直しは、ステージ屋根に膜屋根を採用するなど仕様・工法の見直し及び回廊設置の取りやめ等を行いこれにより、事業費を3,176万円縮減した。
  • 広場運用の見直しは、貸付料を徴収する運営手法を選択し、国の交付金の一部は活用しないものとした。
  • これにより、一時的に市負担額が2,602万6千円増加するが、広場貸付により最低でも年間1,000万円以上となる貸付料収入を得ることができる見込みのため、3年でその額を上回る額の収入が発生し、引き続き、収入が発生することから、将来に亘り市負担額は軽減されるものと考えている。
我々議会が判断したのは、この歳出と歳入のセットなのであって、それぞれ別々に判断して同意したわけではありません。歳入側を断念する、というような、大きな変更が、我々議会の知らないところで行われていることは問題である。

実際、事業を行う際には、実施段階で予算の説明と執行方法が違うことについて、なにからなにまで説明しろと言っているわけではありません。より効果的な方法があるなら、積極的にやり方は変えていくべきだと思います。

ただ、そこは程度の問題であり、国の交付金が活用できるものができなくなったということは、よりよい方法にするのでいいでしょう、という話ではないと思います。そこはどちらも同じではありますが、広場については、国の交付金のかわりに民間の貸し付けという別の歳入を考えているだけまだ少しは理解できます。しかしオープントップバスについては、こういう手法にするとこうなりましたというだけです。

〈質問〉
仕組みとして、歳入と歳出をあわせて予算を承認したにも関わらず、議会に知らされないまま、執行方法が大きく違っているのはおかしいと考えるが、それぞれの担当局の考えを問う。

〈答〉

  • 広場整備の見直しは、より効果的・効率的な整備とする見直しを実施することにより、予算額から事業費及び市負担額ともに縮減したものである。
  • 広場運用の見直しについて貸付による運営手法を選択したことは、予算承認時よりも、さらに有利な手法を検討し、選択したものであり、ご理解いただくようお願いしたい。

〈答〉

  • ご指摘の点については、事業手法を確定し、その結果、歳入の交付金が見込まれなくなった時点において、早期に議会に対してご説明すべきだったと考えている。議会や市民の皆様への報告が遅れたことは大変申し訳ないと思っている。
  • 今後このようなことがないように適切に対処していく。
本問題は財源措置が国税であるか、市税であるかの違いであり、国税で賄えなかったことを問題視しているわけではない。当初予算では歳入・歳出の計画を立て議会で承認したあとに計画通りにいかなかったため財源の措置を変更しますと容易に行おうとしている姿勢に疑念を抱いている。

〈質問〉
このように予算と違う形で事業が進められることは問題であり、全市的に、今後このようなことがないようにすべきだが市長の所見を問う。

〈答〉

  • 議員ご指摘の件については、財政局長及び経済観光文化局長からも答弁したとおり、市庁舎西側広場につきましては、事業効果をより高め、将来に亘る本市負担額の軽減につながる手法を選択したものであり、その結果、予算では歳入として計上していた国の交付金を活用しないこととしたものであり、ご理解願いたい。
  • 一方、オープントップバスにつきましては、議会に対し、適切にご説明すべきだったと考えている。
  • なお、議員のご指摘のとおり、市民の皆様や議会に対する説明は大変重要であると認識しており、今後、適切に対応していきたいと考えている。

事務所のご案内

民主市民クラブ城南事務所
太田英二事務所

〒814-0103
福岡市城南区鳥飼5-7-1-2F
TEL 092-981-3980
FAX 092-981-3981
E-mail : chokusin@ari.bbiq.jpLinkIcon

更新履歴

動画メッセージ INDEX

会派基本政策 2015

会派基本政策 2015GIF_Doticon_Right.gif

2011 マニフェスト

2011 マニフェスト GIF_Doticon_Right.gif

議会を変える。暮らしを守る!

議会を変える。暮らしを守る! GIF_Doticon_Right.gif

海外視察報告書への書籍引用について(謝罪と決意)

海外視察報告書への書籍引用について(謝罪と決意)GIF_Doticon_Right.gif

民進党ロゴ_202_150.jpg